私はキャッシングの申し込みは毎回インターネットでやっています。その方が簡単で早く、自宅での作業になるので落ち着いて出来て良いとずっと思っていました。

ですが、先日知り合いとキャッシングの申し込みの話になった時に、その知人は直接有人の店舗に行くのが一番良いと言っていました。これは私にはかなり意外でした。

有人の店舗というのは、当たり前ですが人がいます。何をするにも目の前に人がいて、見られていたり話しかけられたりもします。私はまったく落ち着きません。

余計なストレスがかなり溜まりそうだし、どこが良いのかサッパリわかりません。知人いわく、貸す側の顔を見た方が安心できるからだそうです。それを聞いてもまったく納得できません。

他の知人は、無人契約機が良いと言っていました。借りに行くという行為が大切だということでした。私にはまったく意味がわかりません。

ですが、私以外の二人は借りに行くという事に関しては同意権で、インターネットで全てを済ませようとする意味がわからないと言っていました。もちろんどれが正解とかはありません。

ですが、なんとなくほとんどの人がインターネットは便利で、選択できるのならそれを使うものとばかり思っていたので驚きました。人それぞれなんですね。

お金を借りるための審査基準について徹底解説!

スマホを使ってキャッシングの申込みをするのが、いまや当然のようになってきました。

数年前までは無人契約機が多く、パソコンを使った申込みが半分くらいの割合で拮抗している状態でした。

それが、スマホの急速な普及によってキャッシング会社もスマホ専用の申込みページを作るようになり、利用者が増えるにしたがって、スマホ経由の申込みの方が多くなってきたわけです。

この申込みのしやすさは、スマホだからというわけではありません。審査のスピーディさが加わることで更なるサービス向上につながっています。

即日でキャッシングの融資ができるようになるのは、限られたサービスだったのですが、最近では初めて利用するキャッシング会社であっても即日融資が受けられるようになっています。

これは、審査が今までに比べると非常に簡易的になっていることが理由です。収入証明書を申込みのときに提出するのが以前はあったのですが、

それがスマホ申込みの場合には不要になるケースがあり、申込み時の収入額の申告で決まることが多いようです。

キャッシングを利用したいと考えた場合に注意する必要があるのが総量規制です。

総量規制は貸金業法で定められている法律ですから、貸金業法に則って営業を行う消費者金融などはその対象となります。
総量規制では年収の三分の一以上の貸し付けを禁止しているので、パートやアルバイトの人は借りることが出来る金額が非常に少なくなってしまいますし、専業主婦の場合には収入が全くありませんから利用すら出来ないと言うことになってしまいます。

体を壊して収入が現在無いと言う人も、総量規制の影響で消費者金融の利用は困難である可能性が極めて高くなってしまいます。

しかし総量規制対象外の業者であれば、年収の三分の一を気にすることなくキャッシングが可能になると言われています。
総量規制対象外となる業者は銀行で、銀行はお金を貸す際に貸金業法ではなく銀行法に則って営業を行っているため、総量規制は全く関係ないと言うわけです。

すでに消費者金融で三分の一程度の借り入れがある場合でも、銀行のキャッシングは利用できる場合が多いため、消費者金融でNGだった人の受け皿になりつつあるとも言われています。

収入の無い専業主婦の利用も可能な銀行もありますし、パートやアルバイトの人でも年収の三分の一以上の借り入れが可能になる場合が多いようです。もちろん審査は消費者金融同様ありますし、年収の額によっては最初から多額の借り入れは出来ない可能性もありますが、返済実績を積めば増額も可能になりますから消費者金融よりはかなり融通がきくと考えて良いでしょう。

最近では即日融資に対応した銀行も登場していますから、総量規制対象の消費者金融よりも、総量規制対象外の銀行のほうが利便性が高いという場合もあります。

どうしても年収の三分の一以上の借り入れが必要な人や、収入が無い専業主婦、訳あって現在仕事が出来ない人等、総量規制に抵触してしまう事例の人は、銀行のキャッシングを申し込めば悩みが解決できるのではないでしょうか。