コンテンツへスキップ

社会的信用の低い私でもキャッシングで借りられました

私が消費者金融に融資の申請したとき、私が審査の対象になりうるのか確信はありませんでした。私は審査の対象外なのではないかと思うところもあったのですが、審査対象として受け入れられるかもしれないというあいまいな気持ちで消費者金融の融資審査に申請をしました。

私は、消費者金融の融資審査には社会的信頼性が必要であると聞いていました。正規の従業員は非正規の従業員よりも所得が高所得だと思いのす。所得が高いほうが社会的信頼性も高いのではないかと思います。私は以前は一般企業の一般職で正規で働いていましたが、現在はアルバイトをしてお金を稼いでいます。

年間収入は約250万円くらいです。30代半ばにあたるシングルなので、社会的信頼性は決して高くないはずです。それはむしろ社会的信用では下側に属すると思っています。このような状態なので、消費者金融の審査対象として受け入れられるのか判らないという曖昧な気持ちで申請したのです。

どのような結果になっても受け入れようと思いながら審査申請しました。ですから、私が審査に合格したことを知った瞬間、私も社会の正規会員になれたようで嬉しく感じたものでした。私のように社会的信頼性があまりないひとにも消費者金融は保証なしでお金を貸すことができるのですから考えてみると本当に素晴らしいことだと思います。私は消費者金融から得られた信頼を裏切らずに慎重にキャッシングを使うことを常に心に留めています。