コンテンツへスキップ

キャッシングをはじめ利用したいというときには消費者金融の申し込みをする必要がありますが、その手続きはいたって簡単です。

キャッシングの場合には担保も保証人も求められることはないためです。

そのため、キャッシングでは原則として本人確認ができる運転免許証や保険証があれば申し込みの手続きをすることができます。

ただし、本人を確認できる書類のほかに勤務先の住所や電話番号は必須となってきます。

キャッシングの審査では勤務先への電話の在籍確認が必ず行われるからです。

そのため、キャッシングの申し込みの際には無職なのにもかかわらず仕事に就いているといった嘘の申告は通用しないので注意が必要です。

虚偽の内容でキャッシングを申し込むのは絶対にしないようにしましょう。

消費者金融のキャッシングは消費者に目線で考えると手続きの簡単さや融資を受けられるまでのスピードはとても魅力的です。最短で即日融資が受けられる消費者金融のキャッシングはとてもつかるサービスといっても過言ではありません。しかし、消費者金融のキャッシングには金利の高さという難点もあります。借りた金額によっては利息としてかなりの金額を業者に支払わなくてはならないのです。

そのため、消費者金融のキャッシングよりも低金利でまとまった金額を借りたいというときには銀行カードローンをおすすめします。銀行カードローンはキャッシングと比べるとやや審査が厳しいというハードルの高さがありますが、キャッシングよりも低金利だという大きなメリットがあるからです。