コンテンツへスキップ

サラ金は総量調整の用となっているので給与の3分の1以上の稼ぎを借りる事が出来ません。給与の3分の1以上の稼ぎは1社ではなくてすべての法人の合計金額が3分の1以上になってはいけないという事です。もちろんサラ金での多額の借受をする事は出来ませんし、この点に関して勘違いしている人も多いのでしっかり頭に入れておかなければいけません。

サラ金は総量調整の用となっていますが、銀行カード貸し出しの場合は対象になっていないので給与の3分の1以上の稼ぎを借り受ける事が出来ます。ただし銀行カード貸し出しによるには法人に信頼されていないと判断に落とされてしまう可能性もあるので正社員でないと利用するのはむずかしい面もあります。